桜木紫乃さん

桜木紫乃.jpg



いま、「ホテルローヤル」で大注目の作家である。

2013年の直木賞作家でもある。

この人の作品は、人間の所業に対してどこか優しい。

先日、あさイチにご出演されていて、子どもが面白いことを言ったら100円上げるという話をなさっていた。

なるほど、それか!!と思った次第であった。

女性作家は一般的に設定が現実的で、ストーリーも地に足がついている感じがする。

男の、たとえば恋愛ものなどは、とかく浮世離れした展開が多い。

ま、いずれにせよ、一度この方の小説も読んでみていただきたい。

おすすめの作家である。




















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

jisei
2020年10月29日 16:42
桜木紫乃さん、直木賞作家、寡聞いにして存じ上げず。芥川賞作品は大体文春を買って読んでいるのですが作家の名前と作品が結びつきませんというかただ活字を読んでいるだけでストーリーも作家もすぐに忘れるです。
ごろー。→jiseiさん
2020年10月29日 21:06
jiseiさん、それ、とっても鋭いご指摘かも。

ぼくも、芥川賞作家は、どんどん忘れて、思い出しません。

でも、直木賞は、書評を読んで読みたいと思ったら、絶対に読んできました。

だけど、芥川賞は、あまり読もうとも思いません。

なんか独りよがりな作品が多くって。読者を喜ばせようというたくらみが一ミリもないんですもの。
2020年10月30日 09:53
以前に直木賞の「ホテルローヤル」を読みましたね。
お父さんがラブホテルを経営していて、その経験からでた作品だと
聞きました。 官能的な作品だったと記憶していますが、
本人の顔、声は聴いたことないですね。
女流作家と聞くと食卓テーブルで書き上げたとか、何だか気楽に
作品を作り上げる印象があります。
ごろー。→What's up?さん
2020年10月30日 16:31
気楽になんか、決して作れないと思います。

何でしょう、実際にお父さんがラブホノ経営をなさった経験に基づいている話とはいえ、やはりそこには創作が多く入ってくるはずです。

全体の構成も、創作に入る前に相当練っていると思います。
ぼくが書いてるようなちんけな地方自治体のビデオでさえ、初めに構想ありきで、書き出すときにはほぼ出来上がりが想像できてます。
小さな工夫なども初めの計算の中に入ってないと書けるものではありません。
書き物全体が、みなさん、頭の禿げるような思いをしながら書いているんじゃないかと思います。
jisei
2020年10月30日 16:54
確かに小説としては直木賞のほうがおもしろいですね、ただ高校2年の時の石原慎太郎の『太陽の季節』からの惰性ですね。文春自体の右寄りはあまり好きではないのですが。
ごろー。→jiseiさん
2020年10月30日 20:04
いや、ほとんどの日本人が惰性で直木賞を楽しみにしてるんじゃないでしょうか?
ぼくもその時期になると、誰が受賞するのか楽しみにしています。

文春は右寄りですか?
進歩的知識人は、文春砲で撃たれるんですか?
そういう意味じゃ見境なく撃ってる感じがしますけど。