昭和の将棋名棋士列伝(2)~大山康晴~

大山名人.jpg


昭和将棋史の金字塔といえば、やはりこの方、大山康晴名人でしょう。

獲得したタイトルは数限りなく、さらに亡くなるまでA級在位だったといいますから、とんでもない人です。

倉島竹次郎著「近代将棋の名匠たち」という本があります。

ぼくは、この本を最初借りて読んだのですが、夕方から読み始め、一気に一晩掛けて読み終えました。

掲載してある棋譜も全部並べました。

とにかく、これほど興奮した本はありませんでした。

次の日、借りた友人に返すと、その足で本屋さんに予約に行ってきました。

それからいろんな人にこの本を貸して、明治から昭和にかけての将棋の歴史を知ってもらいました。

将棋を指す人には、くまなく「近代将棋の名匠たち」読んだ?と聞いたものです。

そして、いつの間にか、本がどこかに行ってしまいました。

それでも、ぼくは図書館で借りたりしながら何度となく読み返しました。

とにかく、この大山さんも輝かしい栄光の裏には、耐えがたい屈辱の歴史もあることを知りました。

ぼくの将棋の本の中にも大山先生の指導書がかなりあるのは言うまでもありません。


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

jisei
2020年07月01日 16:20
将棋は駒の動かし方ぐらいしか知りません、『へぼ将棋王より飛車をかわいがり』の口です。
 大山康晴、印象に残ています。
ごろー。→jiseiさん
2020年07月01日 19:56
ま、王様を取られたらいけませんが、やっぱり飛車をぽろっと取られると、大きいですからね。
ぼくも飛車は大いにかわいがりますよ。

一度、米長九段が、プロは王手飛車をするとするほうに負けが多いということについて話していました。
それは、だいたい、相当局面を悪くしてることが多いからでしょう。
王手飛車くらいじゃもうどうにもならない。
その一手でかえってさらに追い込まれる。
王手飛車さえ指したくない、そんな状態だからです。
序盤に、何の見返りもなく、飛車をただ取られたら、いかにプロでも勝てません、と。
そうだと思います。
2020年07月01日 22:11
無料の将棋アプリでやると、相手は王手,飛車取りの場面があるとすかさずやりますね。私は「待った」ですね。 あれをやられると戦意喪失ですね。
2020年07月02日 03:46
大山さんと升田さんは将棋を知らなかった頃の自分も知っていました。
大山さんはスポンサー探しで奔走したみたいですね。
大山さんが企業を訪問すると大層な出迎えぶりだったとか
昔の将棋指しは上位20名ぐらいが対局で食って行けて 他は指導や諸々の事をやらないと食えなかった、と青野棋士が書いていました。

私らヘボ将棋は王手飛車取りが掛かるとお互い 待った! でした
中盤までに飛車を取られたんじや将棋になりません (^^)
らん太郎。
2020年07月03日 00:23
子供の頃、
お年玉で買った入門書のほとんどの著者が
この方でした。

親父に教わった将棋
懐かしいなぁ
ごろー。→What's up?さん
2020年07月03日 07:36
あらら、What's up?さんも将棋ソフトで遊んだりなさるのですね。
そっちの方がよほどびっくりでした。
将棋なんて子供の頃に誰か近所のお兄さんが手ほどきしてくれないと、覚えないですものね。

「待った」は、いけませんよ。
ぼくは、どんな激痛手を指されても、待ったはしません。
ヘボだったなぁと反省して、負けるだけです。
ごろー。→yokoさん
2020年07月03日 07:42
棋士がそこそこ食えるようになったのは、いつぐらいからなんでしょうね。

戦後は、新聞棋戦が増えて、そこにスポンサードしてもらう形で、賞金が増えていったと聞いたことがあります。
大山さんは、そういう活動を積極的になさったんですね。

先人たちのご苦労あっての将棋界だったんですね。
ごろー。→らん太郎。さん
2020年07月03日 07:46
へぇ、らん太郎。さんも将棋されていたんだ!!!

ぼくもオヤジに鍛えられました。

覚えたのは、近所のお兄さんの手ほどきからでしたが。

最初は、将棋崩し。それから歩回り。挟み将棋。
最後が本将棋でした。
くびき野
2020年07月20日 21:24
八戸駅からクルマで35分くらいのおいらせ町に
大山将棋会館があり、入口にリアルな大山康靖の
銅像が設置されています。
おいらせ町の名誉町民なんだそうです。
ごろー。→くびき野さん
2020年07月21日 19:41
あ、それ知ってます。
将棋愛好家の方が熱心な大山さんのファンだったっていうのですよね。

実は、東海地方にも鬼頭さんという方が熱心に将棋振興に取り組んでおられます。板谷さんのファンの方でした。
同じような感じでしょうね。

大山さんは出身は岡山の方ですものね。