昭和の将棋名棋士列伝(1)~升田幸三~

今日から、昭和の将棋名棋士列伝をお送りしようと思います。 ちょこ一週間、さぼれるようにと描きためておきました。 本日第一回は、升田幸三さん。 池袋の将棋道場で横からのぞき込まれたときは、ハンパなく緊張しました。 東京駅でもお会いし、握手してもらいました。 そして、ぼくの将棋の勉強に一番大きな影響…
コメント:6

続きを読むread more

一、二のサンコン!

いま、どうなさっているんでしょうね? 以前は、バラエティー番組でよくお見かけしたのですが、日本人の奥さんもらってからぱったり姿を見なくなりました。 お国にでも帰られたのですかね? で、どうして今どき、サンコンさんか? 実は、杉本さんを描いた時、この方笑顔にされていても目が笑ってない。 それが描き…
コメント:2

続きを読むread more

里見香奈女流王位

里見香奈さん、将棋の女流棋士界でいえば、現在、無敵状態。 主なタイトルは、ほぼ独占しています。 ぼくらアマチュアからすると、女流の将棋は気持ちがわかる手があって面白いですね。 さぁ、藤井君の棋聖戦と王位戦。 タイトル奪取なるか? 名人戦のゆくえも楽しみです。 ドラゴンズで一喜一憂して、将棋…
コメント:6

続きを読むread more

蛭子能収氏

えびす よしかずさん。 ぼく、同級生です。 でも、この人は世間的には成功し、ぼくはただ以下の人です。 同じ時間を過ごしてきたのに、とちょっと悔しく思います。 で、今日は「演説の日」らしいですね。 NHKで井上二郎アナがそんなことを言ってました。 福沢諭吉が、英語のスピーチを「演説」と訳…
コメント:4

続きを読むread more

柳家喬太郎

もう一人、お手本にすることが多い落語家に、この喬太郎さんがいる。 実は、「チケットの取りにくい落語家」という触れ込みでアーラにいらっしゃったことがある。 この頃は、どうも喬太郎さんのオーバーなしぐさが好きになれなかった。 で、迷いに迷ったが、見に行かなかった。 ところがその後、名古屋で公演があったとき…
コメント:2

続きを読むread more

古今亭志ん朝さん

この方の落語を聞くたびに、うまいなぁと感心して、ついつい最後まで聞いてしまいます。 新ネタを覚えるとき、何人かの録画か録音を聞くのですが、だいたいこの方の落語で覚えます。 ということで、敬愛してやまないのですが、似顔絵はなかなか似ないままでした。 これなんか、まだいい方ということで掲載します。 …
コメント:2

続きを読むread more

山口太幹(たいき)くん

ご存知でしょうか? 朝ドラ“エール”で、山崎育三郎演じる佐藤久志の少年時代を演じている子だ。 おでこが広くて、いかにも賢そうな少年である。 で、いまのスピンオフの中でも喫茶「バンブー」の二人のなれそめや久志が歌手を目指した経緯など、いろんな場面で出てきている。 話している途中にすっと姿を消す忍者のよう…
コメント:4

続きを読むread more

佐々木希ちゃん

まぁね、この人も災難でしたね。 旦那がそういう病気になってるとは思いもしなかったでしょうからね。 ○○依存症。 ここにはいろんな言葉が入るのですが、どれもよくない。 この人の旦那と比較すると、東出君なんかまだ真っ当でしょう? 若い女優さんの方が好きだったのだもの。 古典的な立派な不倫ですか…
コメント:10

続きを読むread more

杉本昌隆七段

藤井聡太くんとの師弟対決が報じられていた。 師弟対決では敗れたが、昨日のNHK杯では、将棋界の宮本武蔵と呼ばれている難敵三浦九段を相手に見事な勝利を収めていた。 将棋に興味がなければ、ご存知ない方も多かろうと思う。 だけど、こっち、東海地方では何かとテレビの露出も多い。 ま、藤井特需みたいなものだろう…
コメント:6

続きを読むread more

海老蔵さん

この方ももう何度か描いて、いまいちの似顔絵しか描けないでいる。 明日22日が、愛妻麻央さんの命日みたいだ。 堀越家からすれば、やっと3年過ぎた感じだろう。 市川團十郎という歌舞伎界では最高の家柄に生まれつき、名声も富も欲しいまま、何不自由なく一生を送れそうな立場である。 だけど、そんな幸せだけをむさぼ…
コメント:6

続きを読むread more

武豊騎手

ぼくの娘婿さん一家が住んでいるマンションは、駅前の一等地にある。 娘婿さんは人脈が広く、たまたま格安でここの物件を手に入れる幸運に恵まれて住んでいる。 当然、高給取りの家族が多いらしい。 ある時、上の階に海外帰りの凄くオシャレな感じの一家が転居してきた。 英語がネイティブで、理学博士のお父さんらしい。…
コメント:8

続きを読むread more

河瀨直美映画監督

日本で、世界に通用する映画監督は、すっかりいなくなってしまった感がある。 映画業界自体が衰退の中にあるので、仕方がないのだろうが。 黒沢明、小津安二郎、溝口健二、成瀬己喜男、今村昌平、山田洋次、市川崑、宮崎駿、深作欣二、大林宣彦、北野武などなど。 世界に知られた監督は数多いが、ほとんどが故人である。 …
コメント:2

続きを読むread more

小塚崇彦くん

この方、男子フィギュアの希望の星でしたが、いつの間にかいなくなってました。 なんでも、女子アナさんと結婚したとか。 そういうのどうでもいいんです。 ずいぶん前ですが、この人が紀平梨花ちゃんの凄さについて語ってました。 すごく分かりやすい解説でした。 で、描いてみたんですけどね。 描きたかっ…
コメント:6

続きを読むread more

米倉涼子さん

この方も、何度描いたかしれません。 だけど、そのたびに力のなさにガッカリします。 この人は、思うに、この高慢な感じが描けたらたぶん気に入るんです。 でも、美貌の方に足を取られる。 男勝りの眼力を描こうとすると、似なくなる。 華やかさを入れていくと似てくるのだけど、この人ではなくなっていく。 …
コメント:8

続きを読むread more

ホリエモン

ホリエモンこと堀江貴文氏。 ま、あまり好きなタイプの方ではないのだが、言ってることを聞いてると、確かに頭の切れる人なんだろうなという感じはする。 だけど、都知事にこの人を担ぎ出そうとしているという噂を聞き、ロケット事業に専念しろよと思っていた。 どうやら「令和新選組」の山本代表が出ることで、この人の線は消え…
コメント:4

続きを読むread more

研ナオコ

念願の1000達成したので、今日からは、似顔絵で気に入らないまま放置してあった作品の一斉大放出をします。 けっこうありました。 最低でも10くらいはありそう。 気に入らない理由は様々です。 描けない時のためのストックで置いてありましたが、もうしばらくはそう追われずに描けるなと。 自分でも許せない…
コメント:6

続きを読むread more

森田洋平アナ「わたしのニュース」

NHKの笑わない男、森田洋平アナの「わたしのニュース」。 まことに、私事で恐縮ですが、本日の似顔絵を以て、ついに1,000に到達いたしました。 似てない似顔絵も塵も積もれば、中には自分でも似てるかもと思う作品も増えてきたように思っております。 人間何事も、コツコツ努力することが肝要ですね。 ま、ま…
コメント:4

続きを読むread more

渡部健

ぼくは、常日頃、芸能人の不倫騒動のたびに、やり玉にあがる芸能人をちょっと気の毒がっている。 芸能人だからと言って、聖人君子の振る舞いを要求すべきではないと。 だけど、この人の行いをネットで読んで、さすがに呆れた。 それは人としてあかんだろうと。 美人の奥さんをもらってるくせにというのは、ただのやっかみ…
コメント:10

続きを読むread more

佐伯チズさんのご冥福をお祈りいたします。

家内がだいぶ前らしいが、名古屋三越で、この方にお化粧をやってもらったらしい。 で、そのことが自慢でもあったらしい。 というだけで、似顔絵描きました。 美容家なんて知らないよ…!!! 無駄な抵抗をした割には似てるように思うのですが。 いかがでしょうか? …
コメント:4

続きを読むread more

萬屋錦之助

片岡千恵蔵を描いたら、やっぱりこの方も描いておかねばなりますまい。 萬屋錦之助。 この方の真似もずいぶんしました。 覚えているところでは、一心太助の「二本差しが怖くって、やってられるか。さぁ、とっととやってもらおうじゃないか」と開き直るところ。 で、この役でこのセリフを言うたびに本当に斬られたら、どう…
コメント:6

続きを読むread more

片岡千恵蔵

昨日の絵からの片岡つながりで、片岡千恵蔵。 愛之助さんを描きながら、片岡っていえば片岡千恵蔵だよねとつぶやきながら、ついでに描いてみました。 いけませんね、ついでは。 なんかどんどん似なくなるいつものパターンにハマってこの有様です。 でもね、子供のころ、ずいぶんこの方のまねをしました。 「ある時…
コメント:4

続きを読むread more

片岡愛之助

「麒麟がくる」、ついにこの方今川義元が桶狭間で敗死しました。 現役時代、東京本社から名古屋支社にディレクターが一人、行ってほしいという話があったとき、候補4人のうち、ぼくだけが行く気満々でした。 というのも、その頃、司馬遼太郎などですっかり戦国通ぶっていましたから、名古屋に行ったら戦場巡りできると思ったのです。 …
コメント:6

続きを読むread more

野田洋二郎(木枯正人役)さん

朝ドラ「エール」。 この中で同じ作曲家仲間で登場している野田洋二郎さん。 よく知らないのだが、本物のミュージシャンらしい。 通りで、かき鳴らすギターもまことにお上手だ。 今日、なんか久しぶりに出てきたように感じた。 で、この人が出てくると、なぜかホッとするところがある。 落ち着いた物言いが…
コメント:4

続きを読むread more

テリー伊藤

サンジャポという番組でよく拝見する。 だけど、この番組のコメンテイターたちは、そろいもそろってB級コメンテイターばっかりである。 経産省官僚だった岸さんくらいが、まぁまともだと思う。 爆問の太田といい、薄口政治評論家の太蔵氏といい、言ってることが浅い。 論理を持って回らせると何か深遠なことを言ってるよ…
コメント:10

続きを読むread more

横田滋さん

人はいずれ死ぬものですが、この方には訪れてほしくなかった。 どれだけめぐみさんに会いたかったでしょうね。 それを思うと、残念でなりません。 めぐみさんももし生きていらっしゃるのなら、昨日は夢枕に滋さんが立ったはずです。 念の強さは、ありえないことを引き起こすはずですから。 それも叶わなかったら、…
コメント:6

続きを読むread more

博多華丸大吉

朝ドラ受けにこの方たちの第一声を楽しみにしている。 昨日は、つわりで苦しむ音の枕元に「うな丼は食えんでしょう」だった。 今日は、「あっという間に生まれましたね」だった。 まぁ、自分の心の中の声とシンクロするから気持ちいいんだろう。 そして、九州人のぼくには、彼らの博多弁がツボに来ることがある。 …
コメント:6

続きを読むread more

坂本勇人選手

驚きました、このニュース。 え、また開幕延期?、とっさにそう感じました。 大丈夫そうなので、ホッとしましたが。 まぁ、でも、こんなことでもないと、大嫌いな巨人軍の選手、それもバリバリの主力選手を描くことなんかないので描きました。 らん太郎。さん初め、ドラゴンズファンの皆様お許しください。 そして…
コメント:6

続きを読むread more

秋元真夏ちゃん

いま、全米の騒ぎの行方を世界はかたずをのんで見守っている。 トランプさんはやっぱりどうしようもない大統領だと思う。 頭が悪すぎる。 今回の騒動は、「息ができない」と訴えている黒人を警察官が殺してしまったことが発端である。 なのに、軍をいれて、自国民の要求を弾圧し、抹殺しようとしているところに問題がある…
コメント:6

続きを読むread more

まゆゆ引退

愛称まゆゆ。 本名、渡辺麻友。 元AKBメンバー。 総選挙では、一位をとったこともあった。 「なつぞら」では、キリンの川島君の婚約者を演じていた。 知ってることは、それくらいのことだが、引退の報にショックを受けている。 女子レスラー自殺のニュースよりビクッと来た。 どうしてだろう? …
コメント:6

続きを読むread more

令和の将棋名棋士列伝(11番外編)~森内俊之~

本日より6月。 実は、5月ぴったりで、棋士列伝は終える予定だったのですが、やはりこの人は抜いてはいけないと、特別に追加します。 森内俊之第18世永世名人。 どうしてこの方が、番外編になったかというと、ぼくが「令和の」と名付けたためなんです。 実は、この方、平成29年にA級から陥落されて、フリークラスに…
コメント:2

続きを読むread more