佐々木希ちゃん

佐々木希.jpg


まぁね、この人も災難でしたね。

旦那がそういう病気になってるとは思いもしなかったでしょうからね。

○○依存症。

ここにはいろんな言葉が入るのですが、どれもよくない。

この人の旦那と比較すると、東出君なんかまだ真っ当でしょう?

若い女優さんの方が好きだったのだもの。

古典的な立派な不倫ですからねぇ。

芸能界復帰は、この方の旦那の方が難しいんじゃないでしょうか?

不特定多数じゃ救いようがなくなる。

だから病気なんでしょうけどね。

でも、この人は健気にわたしが支えますって、言ってるみたいじゃないですか。

そりゃあ、最終的には、夫婦のことだもの、奥さんがそう言うなら外野がいろいろ言うことはないですよ。

ぼくはそう思います。













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2020年06月23日 10:05
お騒がせの旦那さんもこの方もよくしりませんが
最終的には離婚でしょうね。
まだ、まだ若いいい男は芸能界以外にも
いっぱいいる。辛抱しないで離婚しなさい。
ごろー。→What's up?さん
2020年06月23日 11:58
ぼくも最初は、こりゃダメだ、離婚した方がいいって思いました。

でも、離婚するかどうかは奥さんの決めることですものね。

で、本人が離婚しないとおっしゃっている以上、そうされればいいと思っています。

だけど、この先、いばらの道だと思います。
また、この人はこの病気がいずれ出るでしょう。
浮気癖って、理屈じゃないですからね。
jisei
2020年06月23日 17:05
佐々木希ちゃん、10代で秋田から出てきたときにはひたすら可愛いといった感じでしたよね、今では30過ぎ『ちゃん』付けでは失礼かな?
ごろー。→jiseiさん
2020年06月23日 21:23
30過ぎでもいいんじゃないですかね。

ぼくも希ちゃんって言ってますし。

それに、いまも10代の時の可愛さそのまんまのお顔ですもの、希ちゃんでいいんじゃありませんか?

でも、旦那さんの件では、頭痛いことが多いでしょうね。

ま、苦労するのも結婚のうちなんでしょうけど…。
くびき野
2020年06月23日 21:44
以前、やくみつるが週刊ベースボールの連載で
佐々木朗希と佐々木希を文字合わせでネタにしていましたねえ。

元NGT48の村雲颯香も秋田出身の美人さんでした。
ごろー。→くびき野さん
2020年06月24日 04:20
昔から秋田美人といいますからねぇ。
可愛い子の産地なんでしょう。

どんなネタか知りませんけど、いま字ずらを見てなるほどと思いました。
一字、朗が入っているだけですものね。

それより早く一軍で投げさせてもらいたいものです。
炊飯姫
2020年06月24日 05:48
NGT48村雲颯香ちゃんは引退の為、移籍3名とは時期をおいての卒業だったんですよね
佐々木希ちゃんも色々身辺整理して時期をおいてからの離婚であると信じたいです
内容が内容だけに、こんな男性、いくら謝り倒されても
女性としては一緒に居たくないですもん
ごろー。→ジャーちゃん
2020年06月24日 06:18
ジャーちゃんも詳しいですね。
ぼくは年寄りにしては、AKBとか乃木坂とか知ってる方だと言われますが、基本何にも知らない。
ましてNGTとか知らないですよ。

うん、老婆心から言っても離婚した方がいいと思うのですが、この人健気にもそんな夫を支えますと言ってるんだから、それならそれで外野がいろいろ言うことじゃない。
ぼくはそう思います。

女性として耐えがたいことを耐えてみせるのも尊いことではありますよ。
ゆらり人
2020年06月25日 09:16
この夫婦とも最高な出来栄えに感動です。
旦那の如何にも好きそうで、見てるだけで頷くばかりです。
ごろー。→ゆらり人さん
2020年06月25日 10:02
ぼくが勝手に、師と仰いでいるゆらりさんに、そうやってほめていただくと、本当にうれしくなります。
ゆらりさんのコメントは、自分の下手さを忘れさせてくれる魔法のようなところがあります。

ゆらりさんの緻密で本格的な至芸と比較すると、ぼくなどは芸と呼べないレベルにありますが、少しづつでもがんばれば、少しはゆらりさんのレベルに近づけるかなと思っています。

これからもたまに覗いて、コメを残してくだされば幸いです。
ぼくも御無沙汰続きで申し訳ありませんが、訪問させていただきます。