海老蔵さん

海老蔵.jpg


この方ももう何度か描いて、いまいちの似顔絵しか描けないでいる。

明日22日が、愛妻麻央さんの命日みたいだ。

堀越家からすれば、やっと3年過ぎた感じだろう。

市川團十郎という歌舞伎界では最高の家柄に生まれつき、名声も富も欲しいまま、何不自由なく一生を送れそうな立場である。

だけど、そんな幸せだけをむさぼりつくすようなことを神さまは許さない。

最高の美人を娶ったがゆえの最大の哀しみに見舞われる。

人生とは、ざっとはいかないものである。

だけど、この方もここからが本当の人生だろう。

團十郎という大看板を背負った後、どんな役者人生を送られるのか、哀しみが大きすぎた分、9代目を超える大役者になるよう陰ながら応援したいと思っている。




















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2020年06月21日 15:09
もう三年ですか、早いですね。
男の子も大きくなり、舞台に時々出る
ニュースを見ます。
歌舞伎の名門の生まれ、
将来が決められているのも
大変でしょうね。 親子共に。
jisei
2020年06月21日 15:45
歌舞伎の梨園に生まれると天皇家と同じで職業選択の自由がない、よくみんな従順に家業を継ぐものではあると感心します。海老蔵、男から見てもいい男ですが、隠し子がどうのこうの下半身は自由奔放のようですね。
ごろー。→What's up?さん
2020年06月21日 15:48
三年なんて、ホントあっという間ですよね。
でも、この方にとって、この三年は長かったと思います。
夜ごと、子どもが泣く声に、母親の姿が必ずあったその場所に行くたびに思い出していたはずです。

まぁ、この方も六道の修羅道かなんか知りませんが、そういう辛酸をなめたと思います。
この方自体に非があるわけじゃないがゆえに、気の毒なと思います。
ごろー。→jiseiさん
2020年06月21日 15:56
まぁね、下半身は別人格なんて言いますからね。
良い男で持てるし、金も使える立場だとそりゃあ奔放にもなるでしょ!
ま、千人斬りをしたところで、いばれることでもないでしょうし、なんかその分に相当する満足が得られるものでもないと思います。

結局、若いうちは、血筋の恩恵だけで親の道を継ぐのでしょうが、あれ、幼い子どもの時からやらされているからやれるんだと思います。
梨園にしろ天皇家、皇族もできれば遠慮したい血筋ですよね。
くびき野
2020年06月21日 22:40
大河のナレーションやってますね。
昔主演した映画「出口のない海」は名作です。
ごろー。→くびき野さん
2020年06月21日 23:39
あぁ、特殊潜航艇「回天」の映画ですね。
小説も読みました。
悲しい時代ですよね。

戦後すぐに撮った、同じ「回天」の映画もあります。
若き頃の宇津井健とか木村功とかが出てました。
たまたま学生の頃に安い映画館で見て、気持ちが真っ暗になったことがありました。