三遊亭好楽師匠

三遊亭好楽.jpg


ぼく程度の素人落語でも心待ちにしているおばさんたちがいる。

「早くコロナ騒ぎが終わって、皆で落語を楽しみたいです」。

近所のNさんに偶然ガラスごみの収集場でお会いした時、そう声を掛けられた。

まだ中止になっていない直近の予定が6月の寄席なのだが、そのお世話係の方だ。

今や根絶やしで、ありとあらゆるイベントや集まりがなくなり、さらに人と接触しないよう不要不急の外出は控えてくださいと言われている。

ぼくのような下流の年金生活者は、もともとあまり人と接触しないで暮らしている。

それでも、こういう事態になると、結構な人と交わって生きていることを痛感する。

現役時代、あれほど嫌っていた朝の満員電車も、空席だらけのガラガラだと出社している気分にもなれないじゃないだろうか?

そんな気さえしてくる。

コロナ騒ぎがもたらした真実は、不要不急の密集こそが社会生活なのだということだ。

バカみたいに笑うだけでなんの生産性も持たない落語なんか不要と言えば不要である。

そういう意味で、確かに、いまは落語なんかは不要不急だろう。

オーバーシュート目前に不眠不休で頑張っているお医者さんや看護師さんたちを横目に、「えー、バカバカしいお笑いを一席申し上げます」と言ったら、顰蹙を買うことは火を見るより明らかである。

緊急事態になろうがなるまいが、役立たずのつまらん奴が落語家なのだ。

でも、だとしたら、プロ野球選手も劇団の俳優さんもアイドル達も人を集めないとやれない仕事の人は皆、つまらん奴ということになる。

そういう意味では、オリンピックの選手も一緒じゃないか。

金メダルだ何だといきり立ってみても、コロナを抑え込むことはできない。

新しく作った国立競技場で、無観客、テレビ中継もしないオリンピックだったらどうだろう。

日本金メダル何個だってよと騒ぐだろうか?

観客の声援のない競技くらい間の抜けたものはない。

好楽師匠が、無観客の笑点がいかにつまらないものだったかを語っていた。

言われなくてもわかる。

ぼくみたいな下手にクソまで付く落語でも、見てくださる近所の方の笑顔があり、「待ってました」などと声が掛かれば、がぜんやる気が出てくる。

というより、見てくださる方がいればこその落語である。

プロはそこにお金も絡む。

不要不急の密集が戻ってくることを切望してやまない。

































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

jisei
2020年04月09日 15:53
人の集まる催しこそ文化です、文化が無くなるとどうなるか、世の中むだなものこそ文化です。無観客の笑点、あれはくだらないというか間が抜けている。撮りだめたものがないのならだれか一人で30分間持ちネタを交代でじっくり聞かしてくれるといい。世の中の多くが大喜利を落語だと思っていますから。
2020年04月09日 16:30
こんにちわ。

娘が小学生の頃に 好楽師匠から
サイン入りの色紙をいただいたことがあります。
地元の有志の方が落研のにいらしたとかで 町内の夏のイベントに出向いて下さったのでした。

その色紙、探してみようと思います♪
ごろー。→jiseiさん
2020年04月09日 22:50
そうなんですね、それを人は文化活動と呼ぶのですね。

下手な落語だからって、一人、部屋の中で落語やってもむなしいだけですものね。

覚えるためにそうしてますが、やはり大勢の人のいる高座があればこそひとり稽古があるわけですものね。

人前で落語ができる幸せをかみしめないといけないですね。
ごろー。→小枝さん
2020年04月09日 22:54
プロは、いくら落研の知り合いといったって、素人の場には顔を出さないものです。
その落研の方が相当うまかったんでしょうね。

サインを持っていらっしゃる。
それはいいですね。
後年価値が出るかどうかは分かりませんが、大事になさってください。
2020年04月10日 09:11
三つの密でも
「密閉空間」「秘密の場所」「間近で発声をする密接場面」となると
エロティックになるな とバカな事を考えています。
ごろー。→What's up?さん
2020年04月10日 10:37
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \、怪しい、怪しい。

「密会、密室、濃密」…、どう見ても怪しいです。

コロナはエロい。