下衆の勘繰り~唐田えりか~

唐田えりか.jpg


女は怖いというけれど…。

ま、この人の立場に立てば、そうするかもと思いませんか?

まだ10代の新進気鋭の女優さんが、パリッパリの売れっ子男優さんと共演する。

話は面白いし、一流の女優になるには何をすればいいかも教えてくれる。

ついその人柄に惹かれて恋心を抱く。

向こうもまんざらでもなさそうだ。

若いからまわりもチヤホヤしてくれる。

奥さんは妊娠中ということだけど、有名な女優さんだ。

相手にとって不足はない。

どっちが本当は多く愛されてるか、見せつけたい。

そりゃあもう、身も心も投げ出すでしょう!

からだというのは、名前だけじゃないし。(笑)

相手の家庭が壊れようとどうなろうとただ必死に私の方が愛されてるというサインを送り続ける。

こうなると女は強い。

開き直っているから本妻さんからのたいがいの妨害は織り込み済みだ。

悪女扱いされても、おんなの本懐は遂げている。

ただ、ここからは計算が狂うのだろう。

男は、家庭を捨てきらずに綿々とする。

その様子を見ていて、おんなは失望する。

そして、家庭崩壊に至っても、さすがに二人が結ばれることはない。

悪女という汚名だけが自分に残る。

損するのは女の方だ。

多分そんな感じだろう。




















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

jisei
2020年01月27日 17:08
いわゆる業界というところは共演するとすぐにできちゃう、どうも安っぽくていけません。やるならばれないようにしなければ、それにしても文春は下世話なはなしが好きですねぇ。
ごろー。→jiseiさん
2020年01月27日 21:27
ぼくは広告業界でしたから、マスコミ業界や芸能界の隣村の住民でした。

ま、そういう意味で、あまりえらそうなことは言えません。

浮気ばなしや不倫話は結構多かったと思います。

下世話ということでは、広告ギョウカイの人間は下賤の者たちの流行にも敏感じゃなくてはいけませんでした。
同罪。同罪。神よ、許したまえ。