こんな絵も出てきました。

DSC_0463.JPG


物置からは、こんな絵も出てきました。

ちょうど2000年に関ヶ原で400周年記念の行事が行われました。

その時、民族歴史資料館の仕事をしましたので、このころはやたらと戦国物の仕事がありました。

このイラストは、その頃描いたものと思われます。

なにかの挿絵か何かにするつもりだったと思います。

絵を見る限りなんの考証もせず自由に描いているようですから何の仕事だったんでしょうね。

関ヶ原の丸山で小和田先生と焚火を囲んで酒を回した日のことを思い出します。

戦国史の第一人者と戦国歴史の話をするのは至福の時間でした。

もうあれから20年も経ったなんて…、といまさらながら月日の早さに驚きます。

昨日の軍艦の絵も7~8年前なんて書きましたが、家内が「何言ってるの。25~6年前くらいだと思うよとのこと」。

そうかもしれません。

ま、ぼくも年とりました。(笑)




















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年01月23日 14:05
凄い武者絵を描いていたんですね
仕事で使う絵も描かれていたんですね、どおりで腕が違うと思わせたんですね

着る物を描くのって難しいです、見本が無いと私には無理ですね。
ごろー。→yokoさん
2020年01月23日 16:43
いえ、いえ、仕事といっても、ぼくはイラストレーターではありませんので、ほぼ遊びのようなものでした。
ディレクターとしてやっていると、もう自分で描いた方がましかもということがままありまして。
で、たまに自分で描いてみたりしました。

着物、確かに難しいですよね。
どこにしわが寄るとか知っておかないとうまく描けません。

ぼくも決して上手な絵描きではありません。
ま、なんでもちょっとづつ手を出す人ではありましたが。
jisei
2020年01月23日 17:07
すごい武者絵ではないですか、とても素人の片手間とは思えません、銘でも入れて裏張りすれば値が付きますね。
ごろー。→jiseiさん
2020年01月23日 21:28
jiseiさん、値がついてもマイナスじゃ嫌ですよ。

ホント、無責任に褒め殺しに合わせるのだから。

もう、むしゃ、くしゃでござりますがな。

アチャコなんてもうほとんど通じないでしょうね。
ゆらり人
2020年01月24日 09:36
ゴロー画伯!大変失礼しました。
今までの安易なコメント並びにふざけたコメントに反省しています(´;ω;`)ウゥゥ
何でもう書かなくなったんですか、勿体無いですね。
 今からでも もう一度筆を取られたらどうですかきっとすごいことになりますよ。
ゴローさんの底力を拝見出来て驚きです。
今日は、ちょっかいが出ませんでした。

ごろー。→ゆらり人さん
2020年01月24日 09:50
アハハ!

画伯だなんてとんでもない。

ゆらりさんも今から宮大工やられたら、と言われたらいかがです?

若ければねぇ、やってもいいのですが。

ま、どっちにしろもったいないというほどの腕ではありません。

ゆらりさんの方が、腕はよほど確かですよ!!!