2019年の顔(8)

青葉真司.jpg



今年も事件は、いろいろありましたが、驚いたのは“京アニ放火事件”。

犯人は、この男でした。

まぁ、しかし、猛火に追われて亡くなった方たちは怖かったでしょうね。

戦後すぐのころまでは、日本人は我慢強い人が多かったと思います。

少なくとも、我慢強さは美徳の一つでした。

任侠映画なんかは、テーマがそれだったですからね。

我慢に我慢を重ねて、ついに切れて復讐する。

健さんはその象徴でした。

それから比べると、日本人はすぐ怒る民族に成り下がりました。

いろんな意味で、民族としての質がどんどん劣化しているように思えてなりません。


犯人の青葉真司。

火傷から恢復しても、待っているのは死刑。

何人もの犠牲者の恐怖を味わって、罪を贖ってほしいと思ってます。



















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

くびき野
2019年12月30日 00:27
昭和20~30年代の日本は凶悪犯罪とりわけ
女性に対する性犯罪や薬物犯罪の多い凶暴な国で、
現在は大きく改善されています。
犯罪白書の統計見ると昔の日本人のたちの悪さに愕然とします。
ごろー。→くびき野さん
2019年12月30日 09:05
なるほど統計ではそうなりますか。
でも、ぼくは、その時代ちょうど子供で、大人になる準備期間でした。
周りでも、ヒロポンとか薬物に手を出している大人がいたことを見聞きしましたが、でも、凶暴な国ではなかったように思います。
狂暴などと言うのはそこだけの事象を見ればそうなるものでしょう?
京アニ事件もここから80年後くらいの若者から見れば、なんと残酷かつ狂暴な事件だろうと思うはずです。
でも、全体から見れば、何気に豊かな世の中と皆思っているはずです。
実際の空気感は統計からでは伝わりません。
ゆらっり人
2019年12月30日 10:29
今年もタイムリーな似顔絵で最近の時事が分りました。
御体の具合はその後、如何ですか、御無理をなさいませんようにお願いします。
 後2日で新年を迎えますがどうぞ、ゴローさん、ご家族の皆様が素敵な年が訪れるように願っています。
ありがとうございました。
jisei
2019年12月30日 16:33
京アニ?でした、この業界では世界的だそうですね。知らない人はしらないでした。若い才能を失ったのは残念です。
2019年12月30日 22:51
なんというか、身勝手で理不尽な殺人事件が増えたような(~_~;)
そんだけ自分がかわいいのなら、他人のわけのわからないリクツ
で殺される人の口惜しさもわかりそうなものなのに。
この人は、医療関係者の優しさにふれて、感謝の言葉をのべてたり
しましたね。
「北風と太陽」のお話を思い出しました。
人の心を開いて反省を促すのは、やはり優しさなのだなあ、なんて
思ったりもしました。
ごろー。→ゆらり人さん
2019年12月31日 17:27
こちらこそ今年一年、頻繁にご訪問いただき、いくつもの励ましのお言葉、どれほど励みになったことか。
誠にありがとうございました。

暮れも押し迫ろうかという頃になって、痰が絡み苦しみました。
まだ、なかなか治らないのですが、入院にまでは至っていません。

少し、ブログも休み休みにして、静養しようかと思っています。
ごろー。→jiseiさん
2019年12月31日 17:29
jiseiさんにも、およそモノを知らぬ僕のコメントで何度も呆れられたんじゃないかと思います。
でも、励ましてくださってありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。
ごろー。→キーブーさん
2019年12月31日 17:32
ぼくにかけているのは、そういう優しさかな?

キーブーさんには、今年一年、大いに刺激され続けました。

紹介文読むたびに、この読みたくなる秘密は何だろうと分析さえいたしました。

よくわからなかったのですが。

来年も一ついろんな刺激をくださいませ。