吉野彰先生 ノーベル賞受賞

吉野彰.jpg



2019年ノーベル化学賞、この方が受賞されました。

お恥ずかしいのですが、僕は同級生になります。

同じ一生を過ごして来ても、かたやノーベル賞、かたや下手な似顔絵くらいしか描けない下流老人。

この違いはどこから来たのでしょう?

家内からも「生きてるだけでいい事にしま賞」と言ってもらいました。

ま、それくらいしか言いようがないんですね。

それにしても、昨日の会長さんと見比べてください。

立派な人生を送ってくると、こんなにいい顔になるんですね。

豊かないいお顔をなさっています。



ところで、この週末、台風、台風とやけに脅かしますが、ほんとにそうなの?

大したことなく拍子抜けになることを祈っています。



















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

らん太郎。
2019年10月11日 07:39
でも、
微笑ましい笑顔は
ごろー。さんもいい勝負じゃないですか!?
そう思いますよ。

団塊の世代の人たちに
また影響や励みをもらいました。
ごろー。→らん太郎。さん
2019年10月11日 09:29
>微笑ましい笑顔は
ごろー。さんもいい勝負じゃないですか!?

ぼくのは、営業用の作り笑顔。
ま、いわば、社会への諂いの笑顔。
吉野さんの笑顔は、邪心のない笑顔。

でもね、僕も嬉しいのは、団塊世代、社会のお荷物みたいに言われてますのでこういう方も輩出しないとね。
本当に良かった。
jisei
2019年10月11日 16:54
旭化成、建築違反の汚名挽回ですね、吉野先生、いい笑顔まさに好々爺です。似顔絵、も少し頭髪があるように見受けました、いい感じです。
ごろー。→jiseiさん
2019年10月11日 22:48
頭髪…!!!

ああいう、まだらにぺろぺろの髪は描きにくいのです。

これで勘弁してください。

でも、まぁ、いい感じでしょ?