最後の叔父




今朝、兄から電話があった。

ぼくたちのおじさんが亡くなったという連絡であった。

来月100歳の誕生日を祝う予定だった。

ま、ほぼほぼ100歳という大往生であった。

姉にあたる母も99歳を目の前に亡くなったし、脳梗塞で長く病床にあった妹のおばさんも92,3であった。

みな長生きの兄弟だった。

これでぼくたちのおじ、おばは皆、鬼籍に移った。

次は僕らの番なのだろう。

亡くなった叔父さんは、海軍の軍医で、ガダルカナル撤退作戦、ラバウル、そして大和ともに駆逐艦「雪風」の軍医長として沖縄水上特攻作戦に参加した。

生きて帰って来たのが不思議なくらい絶体絶命のところから何度も生還した強運の人であった。

ラバウルに行った時は、3隻のうち2隻が魚雷攻撃を受け、撃沈したが、叔父の乗った船だけが無傷だったという。

「雪風」ではいくつもの不思議な体験をしたという。

米軍艦載機に攻撃を受けていた時、甲板に出てみると、まっすぐ自分の方へ魚雷がくる白い航跡が見えたという。

「あっ」と身構えた時、その魚雷は、艦底の下をそのまま通過していったそうだ。

叔父さんの部屋には小沢長官からの「感状」が飾られていた。

戦後は長く佐賀県山内町三間坂で医院を開き、市井の医師として生きてきた。

その功績から「ノバルティス地域医療賞を受賞し、雑誌にも取り上げられたりしていた。

ぼくは、幼いころから海軍のことに興味を持っていたので、ずいぶんと可愛がってもらった。

88歳の米寿の際は、記念のお皿のデザインを頼まれ、そこに短い文をしたためた。

「25歳で散るはずの命を助かり、以降こうして田舎の片隅で医療に勤めてきたことを、死んだ戦友たちはきっと褒めてくれるはずだ」。

そんなことを書いたように思う。

叔父さんは、帰省してお会いするたびにこの文章の文言を褒めてくださった。

優しい、そして僕にとっては自慢のおじさんであった。

ご冥福を祈ります。














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

What's up?
2019年09月02日 17:51
ご家族医者の家系なんですね。
長寿で地域に貢献され本当に尊敬できる
叔父さんですね。
ごろーさんの地域への参加は
そんな背景から来ているのすね。
ごろー。→What's up?さん
2019年09月02日 20:47
>長寿で地域に貢献され本当に尊敬できる
叔父さんですね。

そういっていただいて、本当にありがとうございます。
叔父、おばは皆優秀な人たちだったのですが、ぼくだけが出来損ないで、劣等生役を引き受けました。


>ごろーさんの地域への参加は
そんな背景から来ているのすね。

いえ、いえ、そんな立派な志など欠片も持ち合わせてはおりません。
ただの出たがりというだけです、きっと。
それが証拠におよそ稽古しない人ですから。
蔭で努力するなんて全くしない人ですから、ダメなんです。
2019年09月02日 23:02
素直に感動させていただきました。
ごろー。→jiseiさん
2019年09月02日 23:16
お名前が未記入でしたけど、シンプルな一文につき、きっとjiseiさんだと思って書いてます。

jiseiさんじゃなかったらお許しください。

こういう深いコメント、理屈じゃなく嬉しいです。
心から感謝申し上げます。
まだこもよ
2019年09月03日 21:04
うちの親戚でも 叔父 叔母 が そろそろ・・・なのかな?
100歳まで生きれたのは すごい事だと(戦争を挟んでいるから)
合掌…
ごろー。→こもちゃん
2019年09月03日 21:17
こもちゃん、お久しぶりです。
からだの異変は収まった?

>うちの親戚でも 叔父 叔母 が そろそろ・・・なのかな?

ぼくの経験から言うと、そう思い始めると、早いですよ。
ぼくも10年ほど前そんなこと思ってから今日まで、次々におじさん、おばさんが亡くなっていきましたから…。

>100歳まで生きれたのは すごい事だと

戦争挟んでなくとも、100歳まではなかなかですよね。
若くして逝った戦友たちの分まで長生きされたのでしょう、きっと。
2019年09月04日 15:09
大変な時代を、想像を絶するような経験を重ねながら
生きてこられたのですね。
こういう方のお話を じっくりとお聞きしたいなあ。
いい叔父さんがいらして、ごろーさんはお幸せですね。

ごろー。→キーブーさん
2019年09月04日 16:23
そうですね。
ぼくは幸せ者だったと思います。
こういう叔父さんの話をたっぷり聞かせてもらいましたから。

地元の小学校では、何度か戦争の話をと頼まれて講演もしていたみたいです。

らん太郎。
2019年09月05日 16:06
母方が3人
父方が1人
叔母が4人、みんな豊橋にいます。
会いたいなぁ。

遠くにいるので
いとこやその子(孫)たちに囲まれての生活があるので
身内の不幸でもないとカオを合わせないのは残念ですけど
それって仕方がないんですかね

ごろー。さんの叔父様
誇れる叔父様ですね
ご冥福をお祈りすると共に
ごろー。さん、楽しいことたくさんで生きていきましょう!
ごろー。→らん太郎。さん
2019年09月06日 05:02
少年の頃は従弟と遊ぶのは本当に楽しかった。

でも、長じると、ほんと冠婚葬祭でしか会わなくなります。

叔父叔母が亡くなる年代になるとお葬式でしか親類には合わなくなります。

悲しいけど現実です。


楽しいこと。
昨日のゲームみたいに逆転で勝ってくれると楽しいのですが。(笑)