渋野フィーバー

この人が、全英オープンに勝って、凱旋帰国した。 とたんに、大騒ぎである。 「スマイルシンデレラ」とか持ち上げられて、帰国後の第一戦も高熱だというのに笑ってプレーさせられていた。 ま、笑ってプレーした方がいいということもあるのであろう。 でも、やたらハイタッチを求めて笑わせるギャラリーもいかがなものかとは思う。 当のご本人が本当…
コメント:6

続きを読むread more

中村倫也さん

この方、本当にプレイボーイじゃないだろうか? いまは、「凪のお暇」で、黒木華ちゃんの心を翻弄している。 「半分青い」の時には、永野芽郁演じる楡野鈴愛(すずめ)を手痛くふっていた。 で、ドラマを見るたび、その甘い声が耳に残る。 こういう男に生まれついたら、そりゃあ女は手のひらで転がせるだろう。 ちょっと前だったら、こういう男にと…
コメント:4

続きを読むread more

ぐっさん

ぐっさんこと山口智充さん。 東海地方では、「Good Sun House」という番組をやっている。 で、愛知、岐阜、三重などいろんなところに行っては、美味しいものなどを紹介している。 それがじつに美味しそうに食べる。 家内も中津川のかりんとうやさんのを見て、買ってきてほしいという。 その頃、たまたま中津川でビデオ撮影をやってい…
コメント:2

続きを読むread more

「寺子屋」で作文指導

わが家の前のおうちは教授のおたくである。 もう退官されて悠々自適の毎日ということだ。 この奥さまから昨日、電話がかかってきた。 なんでも「みんなの家」で、夏休みの読書感想文の指導をしてほしいとの依頼であった。 先生が足りないから午前中だけでも手伝ってほしいとのことだった。 早速に、家内ともども行ってみた。 先生役は4人ほどだ…
コメント:0

続きを読むread more

滝川クリステルさん

いやー、本当に驚きました。 でも、ぼくは、何はともあれ女性のしたたかさを見た思いでした。 女性は、ちゃんと現実を見越してます。 弾みなんかで妊娠したわけじゃない、とそう思います。 小泉進次郎さんは、いかにも代議士らしく人を食った応対をしますが、彼女には逆に食われていたとそう感じます。 ニュースキャスターとして第一線をずっと張っ…
コメント:8

続きを読むread more

小松政夫さん

伊東四朗が出て来るとやはり忘れられないお方が、この方だろう。 小松政夫さん。 ♪しら~けど~~り、飛~~んでいく、南の空へ。みじめ、みじめ のあの方だ。 ぼくは、この人の登場は相当なショックであった。 何の番組だったか記憶は定かではないが、ドラマの中の九州弁がこの人だけがめちゃくちゃうまかった。 そうしたら、やっぱり博多の出身…
コメント:5

続きを読むread more

「おしん」の時の伊東四朗

伊東四朗、描き直しました。 いかがでしょうか? ま、50歩100歩ではありますが。 描きにくい方はたいがい何回描いても書きにくいものです。 ま、これが実力ということでご勘弁ください。 本日、おしゃべりサロンの日。 ぼくは「お菊の皿」を、寅さんは「子ほめ」でご機嫌伺いやってきました。 初ネタでしたが、意外にうまくいき…
コメント:2

続きを読むread more

田中裕子さん

昨日、今日と塾の先生です。 それはいいのですが、夏期講習時間なので午後の一番暑い時から始まります。 教えるこっちも少しバテ気味です。 まして、小学生で夏休み、塾にまで来て勉強している子どもたちはホントえらいと思います。 昨日も、今日からという女子中学生が、鼻の頭に汗を浮かばせながら受付に来ていました。 こういう子どもたちに幸多…
コメント:2

続きを読むread more

小林綾子さん

今日は、長じてからの小林綾子さん。 あの赤ん坊をくくりつけられていた「おしん」はこんなにきれいな女性になりました。 今じゃ国宝級のイケメン、天陽君の母親(?)でもあります。 書くことないなぁ。 ぼくの似顔絵もついに限界に来ました。 描いていて面白くならなくなってきました。 もっとデフォルメして、デッサンじゃない似顔絵を目…
コメント:2

続きを読むread more

志の輔独演会

今日は、選挙の時知り合ったIさんから買い取ったチケットで扶桑町へ。 扶桑文化会館での「志の輔独演会」を見てきた。 8列目の実にいい席であった。 初めに、お弟子さんがふたり落語をやったが、やはり志の輔には程遠い芸域であった。 志の輔も少し年をとった。 高座に上がる姿が年寄りの上がり方だ。 第一部では、「千両みかん」を熱演されて…
コメント:4

続きを読むread more

Kさん宅で独演会

家内が親しくしているKさん宅のリフォームが完成した。 ということで、夫婦で招待され、家内は篠笛を、ぼくは落語を披露してきた。 もちろん、個人のお宅で落語をするなんて初めてのことだ。 セラリーナというセラミック磁器でできたオカリナのような楽器を吹くお二人の方とわれわれが演者で呼ばれていた。 冷房のきいたリビングで約10名の方がお客…
コメント:4

続きを読むread more

名作「おしん」

NHKは、むかしの朝ドラを放送してくれる。 ぼくは、あまり見ないが、家内はしょっちゅう見ているようだ。 先日も、「ゲゲゲの女房」だったかを見ていた。 ぼくはどうももう一度見る気にはならないのだが、「おしん」は違った。 見るともなく見ていたら、次回が気になった。 主人公にすぐ感情移入できる。 粗筋は知っていても次が見たくなる。…
コメント:4

続きを読むread more