「おしん」の時の伊東四朗

伊東四朗、描き直しました。

いかがでしょうか?

ま、50歩100歩ではありますが。

描きにくい方はたいがい何回描いても書きにくいものです。

ま、これが実力ということでご勘弁ください。



本日、おしゃべりサロンの日。

ぼくは「お菊の皿」を、寅さんは「子ほめ」でご機嫌伺いやってきました。

初ネタでしたが、意外にうまくいきました。

写真撮ってもらったのですが、どこ写してるの?というような動画になっていました。


ということで、写真はなし。

相すみません。



伊東四朗02.jpg












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

jisei
2019年08月07日 16:25
「お菊の皿」、番長皿屋敷、お盆も近いし夏物ですね。
ごろー。→jiseiさん
2019年08月07日 16:43
さすが、jiseiさん、落語通な方だけにパッとわかりますね。

はい、今日は、お菊になって「うらめしや~~」をやってきました。

結構受けました。

というより、最近、3回ほど聞いてやれば、そこそこできることに気がつきました。ざっくり覚えて、ざっくり通してみる。
細かいところはそのあと何回かで完成させていく。
そんな覚え方が身について来たようです。