志の輔独演会

今日は、選挙の時知り合ったIさんから買い取ったチケットで扶桑町へ。

扶桑文化会館での「志の輔独演会」を見てきた。

8列目の実にいい席であった。

初めに、お弟子さんがふたり落語をやったが、やはり志の輔には程遠い芸域であった。

志の輔も少し年をとった。

高座に上がる姿が年寄りの上がり方だ。

第一部では、「千両みかん」を熱演されていた。

聞かせる。

やはり、こういう話の中に引きずり込まれる、そういう落語を目指さないといけない。

中入り15分の休憩後第二部が始まったが、この時も板付きで三味線の方がいて、少し弾いて聞かせてくださった。

第二部の志の輔さんのは題名を知らない。

聞いたことがあるのは間違いのだが。

いずれにしてもやはり志の輔は聞かせる。

志の輔の域に近づこうと改めて思った次第である。

写真は、文化会館の前に会った看板と、駅からの文化の小道の途中にあった駐車場。

さぁ、ここに駐車して、わが家に帰るのは結構度胸がいるかもしれない。(笑)


DSC_0310.JPG




DSC_0309.JPG















この記事へのコメント

What's up?
2019年08月05日 09:00
落語の帰りに、天国へ
恐ろしい駐車場ですね。
ごろー。→What's up?さん
2019年08月05日 10:04
ですよね?
落語を聞いて、天国行き。
だいたい、こうして見ると、「天国」と「駐車場」って言葉は合わないですよね。
これ、実は、焼肉屋さんの駐車場で、その焼肉屋さんの名前が「天国」でした。
でも、いきなりこれが出てきたときは、ちょっと笑いました。

ぼくはこの日、全部電車と徒歩で移動しました。
最近、車で見に行くことがなくなりました。
jisei
2019年08月05日 16:23
志の輔、落語もやるんですね、ためしてガッテン ばかりと思っていました。うちの配偶者が落語を見たいという、どうも話の様子では落語とはテレビでやる大喜利のことと勘違いしている節がある。
ごろー。→jiseiさん
2019年08月05日 19:47
jiseiさん
何をおっしゃってるんですか!!!

志の輔さんは全国各地で落語をされていますよ。
テレビタレントの方が仕事的には少ないと思いますよ。

あぁ、笑点であれを落語だと思っている人は多いみたいですね。
どなたかも、まくらで話していましたが、ある学校に招かれて行かれた時、舞台に講釈台と座布団が五つくらい並べてあったそうです。