中村倫也さん

この方、本当にプレイボーイじゃないだろうか?

いまは、「凪のお暇」で、黒木華ちゃんの心を翻弄している。

「半分青い」の時には、永野芽郁演じる楡野鈴愛(すずめ)を手痛くふっていた。

で、ドラマを見るたび、その甘い声が耳に残る。

こういう男に生まれついたら、そりゃあ女は手のひらで転がせるだろう。

ちょっと前だったら、こういう男にと思ったかしれない。

でも、年老いたいま思うことは、こういう男に生まれつかなくてよかったということだ。

もてもせず、可愛い娘に想いを寄せられることもない人生でよかったということだ。

ぼくがこう言うと、みんなはただの強がりとしか思わないだろう。

でも、本当にそう思っている。

ふつうの持てない男でよかったな、と。

人生の中の根本の価値、これに思いが到るのも老いの効用だろう。

老いるのも悪くない。

これも、決して強がりではなくそう思う次第である。



中村倫也.jpg
















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

jisei
2019年08月12日 15:29
世の中には男が見てもこいつは持てるだろうなというのがいます。jiseiが通うジムでも、30年以上会員のjiseiをさておいて昨日入ったばかりの高齢者があたりかまわずおばちゃんたちに話しかけてたちまち座の中心になる人がいます。
ごろー。→jiseiさん
2019年08月12日 16:44
>昨日入ったばかりの高齢者があたりかまわずおばちゃんたちに話しかけてたちまち座の中心になる人がいます。

いかん。そう言うのをほっとけば、世の中のためになりません。

昔から、牢名主をさておいて、自分だけおばちゃんたちの気を引くような奴は、いじめを受けるべきです。
断固、成敗してください。
炊飯姫
2019年08月13日 05:32
確かにプレイボーイって雰囲気ありますね。
以前お話した、小池栄子さん出演の舞台に、この方も出演されてました。
その後、こんなに引っ張りだこになるなんて思わなかったです。
ごろー。→ジャーちゃん
2019年08月13日 10:28
ジャーちゃんが、舞台でこの方と共演できたら、そりゃあ何されてもかまいません的になりそうだな。(笑)

いかんよ。人妻だからね。

ま、それでも、この人のあの声で口説かれたら、持たないだろうな。

その舞台は何はさておき、見に行かないとね。