名作「おしん」

NHKは、むかしの朝ドラを放送してくれる。

ぼくは、あまり見ないが、家内はしょっちゅう見ているようだ。

先日も、「ゲゲゲの女房」だったかを見ていた。

ぼくはどうももう一度見る気にはならないのだが、「おしん」は違った。

見るともなく見ていたら、次回が気になった。

主人公にすぐ感情移入できる。

粗筋は知っていても次が見たくなる。

それに、時代考証が素晴らしいのだろう、「そんなこと…」という部分で妙なリアル感がある。

「おしん」はやはり名作中の名作だと思う。

よくネタバレ注意なんて書いてあるが、名作はネタバレしようが惹きつける力があるということだ。

「おしん」の時の小林綾子さん。

ほんとうに田舎の娘然としていたが、その後やたらと洗練されたご婦人になられた。

「なつぞら」では、国宝級イケメンの天陽君の母親役であった。

時代はすぐに移ろう。

「おしん」を見ていて思ったのはそのことだった。



小林綾子.jpg























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

What's up?
2019年08月01日 09:33
名作ですね。
BSでなつぞらの前にあったので
ちょっと見始めたら、止まらなくなりました。
ハラハラさせますし、ホッもします。
人間の根本的なやさしさや
モラルを教えてもくれます。
小林綾子さん、最近ラジオで聞きました。
ごろー。→What's up?さん
2019年08月02日 21:51
ぼくは、田中裕子さんになってから見ない回が増えてます。

佐賀でいじめられるのがたまらないのです。

佐賀県人からすると、まさに偏見そのものです。

ドラマのことだからと看過できないものを感じます。
らん太郎。
2019年08月04日 14:19
似てますねぇ
彼女の顔が鮮明に出てきますねぇ

朝ドラって
ほとんど縁がないんですけど
“まんてん”は録画してまで見てました。
ごろー。→らん太郎。さん
2019年08月04日 22:27
らん太郎。さんだけでも褒めてくださると、描いて良かったと思います。

もうね、正直なところ、かなり限界を感じています。

これは、似顔絵なんだろうか?って。

他の方たちの似せてるけど別物、そんな似顔絵が描きたいのですが、どうにもうまく描けません。体力、気力の限界…!
正直、喘いで描いています。