高島 忠夫さん

高島 忠夫さんが、88歳でお亡くなりになったというニュースを見た。

高島 忠夫さんというとぼくは、映画の一シーンを思い出す。

まだ、小学生だったと思うが、この方の出演された戦争映画をおじさんと見に行った。

田舎の映画館で、50人も入れば客席がいっぱいになるくらいの小さな映画館であった。

空中戦のシーンで、ゼロ戦のつもりであろう実機が撮影されていたが、練習機なのだろうまっ黄色の塗装であった。

それこそ心の中で、“なんじゃこれ!”と子ども心にも思ったものだ。

で、高島忠夫さんが、戦死するのだが、なんだかとってもみっともない死にざまだったという記憶がある。

以来、ぼくは、高島忠夫が出てくるたびにそのシーンを思い起こした。

ぼくにとって、高島 忠夫さんは戦争映画の俳優さんである。

鶴田浩二とか加山雄三が海軍の軍装でカッコつけて出て来るのとは違った士官さんであった。

その変なリアル感がぼくの戦争に対するイメージになった。

死ぬ時って、案外こういうみっともない死に方なのだろうなと。

そういう意味で、ぼくの人生にも影響のあった方だったと思う。

ご冥福をお祈りする。

ところで、ぼくは今日、合竜会ということで、行く気満々でいたのに、落語の用を頼まれた。

で、さっきから、連絡を待っているのだが、返事が来ない。

若干、焦ってきている。

ね、ね、まだだったらもう行くよ、オレ。



画像
























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年06月29日 15:41
高島忠夫さん、映画からテレビにうまく居場所を見つけてやっていましたね、映画で育った人は「あんな箱の中に入れるか」といって消えていった人もいたようですが。
2019年06月30日 08:58
私の印象は多才な人、歌、演技、しゃべりなんでもこなす人、生まれついての芸能人と言う感じでした。
うつ、でTVでボッとした顔をみてウソと思いましたね。でも個性的な人だと思います。
2019年06月30日 16:21
私生活は知りませんがTVでは紳士のイメージでした。
「ドレミファドン」の司会を覚えています。
2019年06月30日 17:45
ぼくが駆け出しのころは、撮影部隊によく映画界出身の方が入っておられました。
照明とか音声さんで。
そういう方たちと呑みに行くとめちゃ楽しかったですよ。
2019年06月30日 17:48
昔は、こういう芸能人の方って多かったですよね。
なんでも器用にこなす方。
その代表格が高島忠夫さんでした。
年とって、病気するとね、人が変わりますものね。
いい方を亡くしました。
2019年06月30日 17:50
>「ドレミファドン」の司会

覚えてます。覚えてます。

「ドレミファドン」自体が流行語でしたものね。

この記事へのトラックバック