中西進さん

ご存知、「令和」の発案者。

歴史に何らかの名を残したいというのは、むかしからの生きた人間たちの欲望らしいが、いいことで名を残すのは本当に難しい。

落語のまくらにもそういう出だしがあります。

で、落語の方は、大体どろぼうの話になっていくのですが、こちらの方は大違い。

なんと言っても、元号の名付け親ですから。

200数十ある元号で、ちゃんと名付け親がわかってるのはこの方だけみたいですね。

すごい、すごい。

中西進さん。

せめて、名前だけでも記憶しておきましょうと思って描きました。

似てますでしょ?

最近、だいぶ肩の力が抜けてきたかなと喜んでおります。



画像


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年05月09日 17:05
どのみちにも偉い先生がいるものです。令和の名付け親は公表しないということでしたがいつの間にかopenになりました。最初から発表しておけばさわぎにもならなかったような気がします。
2019年05月09日 21:26
元号発表のその日から、ポツポツお名前が出ていましたよね。
ま、最初っから発表しなかったのは、なにか不評だったりした場合の大人の配慮だったようにも思います。
何でもかんでも、線を引いたようにしなくてもいいようにぼくには思えましたが。
2019年05月13日 01:45
>>ちゃんと名付け親がわかってるのはこの方だけ

これいわ、凄いことだ!
2019年05月13日 14:26
>これいわ、凄いことだ!

こらこら、これ言いたいだけでコメントいれたでしょう?
こう言うのダジャレと言って、…でも、今度、まくらで使わせてもらいます。(笑)

この記事へのトラックバック