水原希子

彼女がフランスのタクシーの運転手に、職業を聞かれたから「俳優」って答えたら、「AVの女優か」と言われたとか。

「男って、ほんとめんどくさい」と。

ところが、その後、「アダルトビデオを侮蔑している」とか「差別している」とかネットで叩かれたみたいだ。

今の社会、こういうところが確かにある。

実に、めんどくさい。

水原希子からすれば、差別意識を問題にしたわけじゃない。

こういうことがあった。

男って、どこの国でも似たようなもんだ、そう言っただけだ。

だけど、妙な正義感を振りかざされて、誹謗中傷を受ける。

相当嫌になっただろう。

他を非難するための正義は正義ではないことが多い。

例えば、韓国の主張は己の正義でしかない。

そういう正義を振りかざすやつはたいていロクでもない。

ぼくはそう思う。



画像






















この記事へのコメント

2019年05月30日 18:11
水原希子 Who?です。
 話しは変わりますが50年代、今のOLのことをBG:ビジネスガールといっていました。ビジネスガールとは彼の国では街娼のことと云うことが分かって何かよい表現はないかということで女性週刊誌がOL:オフィスレディーといい始めて定着した、今ではOLは一般職、丸の内あたりではキャリアウマンと呼ばないと怒られるとか。
2019年05月30日 21:46
>水原希子 Who?です。

そうでしょうね。刑事ドラマなどに出ていますから、気を付けてみてください。

もう亡くなりましたが、ぼくの叔父さんが女性週刊誌の編集長などしておりましたので、ちょうどその頃、ぼくも広告会社として、OLの呼称に協力しておりました。
だけど、その当時から和製英語が多すぎると言っておりました。
スチュワーデスもいまでは、キャビンアテンダントですものね。正式呼称になるのはいいことですよね。
2019年05月30日 22:50
口やかましい世の中になっちいましたね
差別・差別って。。、今日もニュースで騒いでいましたよ 「三人ぐらい産んで欲しい」が差別なの? ううう分からん。

2019年05月31日 01:43
>口やかましい世の中になっちいましたね

そうなんです。
なんか言うと、ああでもないこうでもないって、突っつく人たちがいる。
>差別・差別って
そういう人に言いたい。
あなたには、本当に心の片隅にも差別意識はないのか、と。
Yesという人は、ウソついたことないという人と同じくらい嘘っぱちだと思います。

>「三人ぐらい産んで欲しい」
あぁ、あの方ですか…。
ま、あの方は論外ですね。
差別意識以前に何にも考えてない、うすらバカな方ですから。(笑)
2019年06月01日 00:55
この人、最初は あまり好きではなかったのだけど(笑)
正統派の美人ではないけれど、そんな枠に はまらない独特の魅力がありますよね。そんで、細い!(笑)

近ごろの日本はホント、おかしなことになってますよね。
正義というよりは あげ足取りみたいな。
それにしても、そのフランスのタクシー運転手も ひどい。お客様にむかってマジメに訊いたんなら ただのアホだし、ジョークだとすると あまりにサムイ。ぜんぜん面白くないし
2019年06月01日 03:40
>この人、最初は あまり好きではなかったのだけど(笑)

わかる、わかる。
ぼくも最初、あまり好きなタイプではなかったですね。
>正統派の美人ではない ですものね。

タクシーの運転手。
ほんとのことなんですかねぇ?
フランス人というところに引っかかってます。
そうなんです。
>マジメに訊いたんなら ただのアホだし、ジョークだとすると あまりにサムイ。
日本の時代錯誤なおじさんなら言いそうですけどね。

この記事へのトラックバック