ごろ-の寝言

アクセスカウンタ

zoom RSS 水の手紙

<<   作成日時 : 2019/01/08 10:39   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 8

ぼくは朗読サークルを主宰しているから、いつも朗読のネタを探している。

そこで、思わぬものを見つけるときがある。

今回は、面白い小説とか随筆を探して、井上ひさしの著作を見ていくうちにこれにぶつかった。

タイトルは、「水の手紙」。

副題に、群読のためにと小さく記してある。

朗読用の作品なんだということで、さっそく読んでみた。

そして、こういう記述を見つけた。

単純だと思われそうだが、この一行でいつか朗読カフェなどで読まないとと思った。



青年 「地球は青い青い水の玉、いまにも水がしたたり落ちてきそうな、大きな青い水玉に見えるんだ。」


全員 「たしかに…
     地球の表面積の三分の二が海です。
     水でもりあがった海です。
     そして…
     その海から人間の祖先たちが
     陸にあがってきたのでした。
     わたしたち一人一人にしても
     おかあさんのおなかの中の海
     羊水からこの世に生まれてきたのです。
     そのせいで…
     わたしたちのどこもかしこも
     すっかり水でできています」

少年 「からだの60パーセントは水」

少女 「血液の80パーセントが水」

青年 「脳の80パーセントが水」

壮年 「つまり人間とは、水が洋服を着て、
     泣いたり笑ったり恋をしたり愛し合ったりしているようなものなんです」



なるほど、そうなのかと思われませんか?

つまり人間とは、水が洋服を着て、泣いたり笑ったり恋をしたり愛し合ったりしているようなものなんです。

自分の正体は水だ。

水が偉そうに威張ってみても、どうせみんなと同じ水でできてるだけだ。

循環する水、それが歴史なのだ。

そう思うと、いろんな謎が氷解する想いだった。

いいフレーズだと思われませんか?

水が洋服を着てる自分。

やけに納得がいってる。


画像




















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
動いてる水は
腐らない
人間が証明してますね。

これからも
はつらつに生きていかなきゃ
らん太郎。
2019/01/09 06:32
水が洋服着てる………。
そうですよね〜!!感動、納得しました!
水分が80%という脳で、いろいろと考えさせられます!
わらび
2019/01/09 10:26
羊水に満たされて産まれ

喜怒哀楽に 頬を涙でぬらし

額に汗して働き
  
末期の水で逝く …

“水”は改めて

生命の母だと感じました

小枝
2019/01/09 10:37
そうですか人の体の60%は水ですか、『水もしたたるいい女』なんてぇのは水があふれ出ているんでしょうな。それにしてもいろいろと活躍されていますね。朗読会を主宰するなんぞはリーダーシップがないとできないですよ。jiseiなんぞは他人についていくだけでしたから。
jisei
2019/01/09 16:41
そうです、そうです。
水の波動が顔に出るんですね。

らん太郎。さんなんか、動きすぎて、辛くなってませんか?俗に言う、汗水たらし過ぎ…、で。(笑)

>これからも
はつらつに生きていかなきゃ

大丈夫。ドラゴンズとチューリップがあれば、らん太郎。さんは、これからもずっと元気はつらつだと思います。
ごろー。→らん太郎。さん
2019/01/09 17:10
ですよね〜〜!

>水分が80%という脳で、いろいろと考え てるんですものね、みんな。

ぼくの脳みそ、昭和23年生ですからね、水が大部へたって来てるんだと思うんです。
バッテリーと一緒で、もう水が足りないのかも。
いや、足りないのは小学生の頃から足りなかったですね。(笑)ちょっと見栄張ってしまいました。
ごろー。→わらびさん
2019/01/09 17:15
コメントがもはや立派なポエムじゃないですか。

素晴らしい。

やっぱり小枝さんは詩人だわ。
ごろー。→小枝さん
2019/01/09 17:17
>それにしてもいろいろと活躍されていますね。朗読会を主宰するなんぞはリーダーシップがないとできないですよ。

ぼくの場合、悪い水が出るんですわ。
目ヤニとか鼻水とかよだれとか。
水も滴るじゃなくて、汚いものしか流れ出ないというのもなんですねぇ。
ぼくに、jiseiさんの賢さがちょっとでもあれば、もう少しはいい人生になったような気がしますけど。
根性もありませんし。
ま、その割には、恵まれてきたと思います。
ごろー。→jiseiさん
2019/01/09 17:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
水の手紙 ごろ-の寝言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる