ごろ-の寝言

アクセスカウンタ

zoom RSS 年賀状から年賀ラインメールへ

<<   作成日時 : 2019/01/07 14:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

今年、喪中はがきがやけに少なかった。

で、150枚ほど出したのだが、返って来たのはわずか120枚ほど。

不思議に思って、つき合わせてみたのだが、実は年賀ラインの方は年賀状を出していないことに気がついた。

年賀ラインはただだ。

年金生活者になれば、それの方がいいに決まっている。

時代は、もう郵便の時代ではないのだ。

若い人はもうとっくに、年賀状の面倒さに止めてしまっている。

それに、年金生活者が経済上の理由から年賀状をやめていけば、年賀状自体の存立が危うい。

郵政省や、正月の楽しみにしている人たちはまだまだ年賀状は続いてほしいのだろうが、そうもいかない。

ぼくも今回のことで、年賀状を本当に絞られた人にしようかと思い始めている。

お世話になってる方でも、ライン年賀で済むのならそれでいい。

もう何年とお会いしたこともなく、今後のお付き合いもない、ただの年賀状付き合いなら、止めた方がお互いのためだろう。

そう、思うに至った。

終活事始めとしては、こんなところからでいいだろう。

今日、絞る人をリスト化してみようと思っている。


画像

















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
先日TVを見ていましたら
遺品整理の項目に
ログインアカウントの削除等
というのがあり…

立つ鳥跡を濁さず
孤独死をされる方々の心の闇に
ふれた想いがし感慨に耽ました。
私も今年辺りから
エンディングノートへの加筆に
本気を出そうかと思います(苦笑)
小枝
2019/01/07 14:26
>ログインアカウントの削除?
それ残しておかないと、遺族はかえって困りませんかねぇ。
ぼくは、パスワードは一覧にして、貼ってあります。
小枝さん、そういうことから行きますと、まずはブログを閉じておかないといけませんよね。
エンディングノートですか…!
ぼくはあまり残したくないのですけどねぇ。
ごろー。→小枝さん
2019/01/07 16:55
年賀状本当に面倒ですよね。わずか30枚でも時間が掛かります。勇気のない性格でしょうね。相手が止めましょうといってくれるのを待っています。
What's up?
2019/01/08 09:08
昔は自虐かと言いたくなるくらい年賀状に時間を掛けて送っていました。
それが技術の進歩で割と簡単にできるようになってからの方が、面倒臭さが増したような気がします。
やり出せばどうということもないのですが、この面倒さは何かと思うと、結局そこまでの価値がなくなったんでしょうね。
みんなで一斉にやめってすれば止められそうですが。(笑)
ごろー。→What's up?さん
2019/01/08 10:46
年賀状、例年100枚買って配偶者と分けて50枚程度出していましたが今年は20枚に絞りました。去年スマホにしてカケホーダイにしましたので年賀電話にしました。来年からは出しません。
jisei
2019/01/08 16:11
やはりそうですか。
わが家も20枚くらいにはできそうです。

あとは、ラインでメールしたり、ライン電話したりすればいいですね。
先駆者は身近なところにいるものですね。(笑)
ごろー。→jiseiさん
2019/01/08 21:40
枚数的にはあまり変わらないかなぁ
ただ新しい人は増えない
ここ数年そんな感じです。

毎年、年賀状を楽しみにする
古い人間なのかもしれません。
らん太郎。
2019/01/09 06:25
ぼくは、現役時代はどちらかというとお客筋だけでなく、業者さん的な人も優秀な人には積極的に年賀状は出すようにしていました。
なにかの時に頼める関係を維持するためでした。
ですから、ざっと300〜400くらいは出してました。
でも、それが今も変に残っていまして、これがはっきり言って、もう関係ないだろうなと思うのです。
それに、リタイアすると、新しい人はほとんど増えないですね。趣味のつながりと言っても、すぐ関係性はなくなりやすいですからね。
ぼくも年賀状を楽しみにする古い人間だったのですが、今の気分はもういらないかなぁってなってきています。
ごろー。→らん太郎。さん
2019/01/09 17:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
年賀状から年賀ラインメールへ ごろ-の寝言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる