ごろ-の寝言

アクセスカウンタ

zoom RSS 伊東勤ヘッド・コーチ

<<   作成日時 : 2018/11/29 10:51   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 6

実は、来季のドラゴンズで、ぼくが一番期待しているのが、この方だ。

伊東勤ヘッド・コーチ。

ご存知のように監督でも功成り、名を遂げた方である。

こういう名将を与田さんは参謀に据えている。

石田三成が島左近を参謀に据えたのと一緒だ。

おそらく、彼の慧眼がペナントレースの中で活かされるチャンスは数多いと思う。

すでに、秋季キャンプでドラゴンズのキャノン砲として「加藤匠馬」を指名したという。

地肩の強さだけでいけば、SBの甲斐選手より上だという。

広島を走らせない。

その有効性は、日本シリーズで証明された。

打力の方がいまいちらしいが、クローザーと組ませるのも面白い。

1.2秒の秒殺シーンがドラゴンズでも見られることを祈っている。



画像





















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
名古屋といえばjiseiも数十年前に名古屋に単身赴任していたことがあります。大名古屋ビルジングがキャーテンしたころの話です。
jisei
2018/11/29 16:58
千葉ロッテでは不本意な成績でしたね。
くびき野
2018/11/29 21:57
でぇ名古屋ビルヂングがキャーテンした頃といえば、いや、結構古いお話ですね。
ぼくが名古屋支社勤務を命ぜられたのは、名古屋オリンピックの先遣隊でということでした。
行って、しばらくして、ソウルに獲られましたから、ぼくは一人で何しに行ったんやら状態。
そこから人生が狂い始めた、ということにしていますが、案外よかったのかもとも思います。
人生、何が幸いしたかはわからないですからねぇ。
ごろー。→jiseiさん
2018/11/30 11:25
それは言っちゃダメですよ。
だって、千葉ロッテ時代、下位順位の割には、監督責任の声はむしろ少なかったのですから。

ま、それだけ監督としては有能だったんだと思っています。…はい、頑なに。
ごろー。→くびき野さん
2018/11/30 11:29
この前、大相撲中継のゲストで実況席にいたけど
舞の海よりでかくて驚いちゃいました

正捕手、誰に期待します?
僕は個人的には大野奨太なんですけどね。
らん太郎。
2018/12/02 18:41
正捕手、…そうですねぇ。
大野奨太が一番近いのでしょうけど、ぼく的には木下に頑張ってほしいですね。

加藤匠馬の強肩も見てみたいですね。
HCが目をつけたのなら、ドラゴンズの甲斐に変えてほしいものです。
ごろー。→らん太郎。さん
2018/12/03 09:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
伊東勤ヘッド・コーチ ごろ-の寝言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる