カンニング竹山

ぼくは、この人の切れキャラというものがあまり好きじゃない。

無理して怒ってみせてるのがわかるからだ。

例えば、三田佳子の息子の度重なる覚せい剤使用。

生活を変えない限り、何度でも繰り返すと怒っていた。

みんな、そう思っている。

自分で働いて稼ぐわけでもなく、三田佳子の金で遊び惚けている放蕩息子だ。

大女優の息子だからと許されるはずもない。

働かざるもの食うべからずだ。

そう言って、ハッとした。

ぼくも今は働いているとはいいがたい。

少ない年金をかすめ取って遊び惚けていたら、いっしょじゃないか。

カンニング竹山さん、怒ってください。

「世の中に役立ってないものは早く死んでしまえ」。

確かに。

コロッと死ぬんだったら、いつでもいいですけどね。


画像




















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ゆらり人
2018年09月15日 09:12
あ~~~!俺も三田佳子の息子になりたかった!
絶対、俺の年収より、子の息子の小遣いの方が多いいからね。
毎月これだけ貰っていたら家なんかに居らずに、
ごろーさんの落語を聞きに追っかけをするのにね。 こいつの記事を読んで、チマチマして生活から抜け出さなければならぬが・・・もう入ってくる当てもないので仕方ないか??((´∀`))ケラケラ

2018年09月15日 21:45
(⌒▽⌒)アハハ!
同感、同感。
でもね、ゆらりさん、これがさ、小遣いが今の収入より多いとね、ぼくの追っかけは絶対にしない。
ゴローさんの落語なんて、一回だけでもういらない。
さらに、刺激的なものをと言ってると、悪魔が顔をのぞかせて、麻薬を勧める。
どっちにしろ、行きつく先は似たような悲劇だと思いますよ。

ぼくの落語がなぁ、それくらい何度も聞きに行きたくなる、禁断症状付きの落語だったら、ぼくもゆらりさんに三田佳子の息子になってもらいたいです。

ぼくが三田佳子の息子になったら、ゆらりさんの楼門シリーズなど一戸500万円で買い求めますよ。

ぼくもチマチマ生活から抜け出させてくれるスポンサーが出ないですかねぇ。
三田佳子の息子でも贅沢言いませんので、どなたか奇特な方はいませんか?

この記事へのトラックバック