器用貧乏

「なんかさ、こういう時にパッと気のきいたこと言いなさいよ」

「だって、落語家じゃあるまいし、そんなお題が出て数十秒で気のきいたことなんか言えないよ」

「あれ、昔っから、器用貧乏じゃなかったの?」

「………mmm」

「そうか、いまじゃただの貧乏だけか!」








本日の家内との会話より。

この記事へのコメント

2015年02月03日 15:51
いいですね。
暖かい!!
2015年02月03日 15:54
関西では、普通に話した後に「そんで、その話のオチは?」なんて言われちゃったりします(笑)
お笑いじゃあるまいし、そんなこと言われても、って思います^_^;


2015年02月03日 16:26
私も年がら年中
ソレです。涙。
2015年02月03日 20:12
What's up?さん、>暖かい!!って、だから、暖かい!!ってことありませんってば。こんなこと言われると、まだ器用貧乏の方がよかったと思うじゃないですか。ただの貧乏ですよ、ただでしかも貧乏って、ね、ホントだから文句言えないところが…ですね。
2015年02月03日 20:18
キーブーさん、一緒一緒。オチがなきゃしゃべっちゃいけないのか!って、言ってみても侘しい気持ちにしかならないしねぇ。ぼくなんか無理やり、ただの貧乏にされちゃうのですから。
2015年02月03日 20:23
はぎさんも…。いやーー、お互い、哀しい老後のようですね。にしても、どうして、女は年取るとあそこまでズバリと言えるようになるんですかね。若い時は、下向いて、遠まわしに「それ、どうします」とか言っていたくせにね。

この記事へのトラックバック