肉体の芸術は辛いね!

3月7日・8日に本番を控えているミュージカル「君といた夏」。

さすがに追い込みの時期とあって、21,22の土日両日もしっかり稽古させられた。

ミュージカルは、当たり前のことだが、踊りも歌もある。

動きの中で、自分のポジションにスッと動いて、歌のきっかけで同じ動作をする。

これが合わないと、パラパラやっているように見えるから、何度もやり直しをさせられる。

その中で、台詞も言わなくてはいけないし、つねに芝居して動くことが要求される。

まぁ、普通のお芝居とミュージカルは別物である。

正直、反応が鈍くなった66爺が、固くなった体を労わりながらやることではなさそうだ。

そんな泣き言もいまさらだし、もうここまでくればやり切るしかない。

日曜日は、初めての全幕通し稽古であった。

朝10時から15時までしっかりやった。

さすがに疲れる。

夕食後、あまりの疲れに家内に体中揉んでもらったが、もう痛いのかなんなのか分からない感じだった。

案の定、気持ちだけが興奮して眠れない。

月曜日は、寝不足と体の痛みでボロボロだった。

そんな中、坂東三津五郎さんが急逝されたニュースを見た。

勘三郎さんの弔辞を読んでいる三津五郎さんの映像が流れていた。

その中で、三津五郎さんは盟友勘三郎さんに、「肉体の芸術は辛いよね」と語りかけていた。

ぼくがこれに喰いついた。

「そう。肉体の芸術は辛いんだよね…」。

家内は、外人さんみたいに大仰に両手を横に広げて、肩をそびらせていた。

俄か役者が何をエラそうにということだろう。

ま、その点ではそうなのだが、でも舞台芸術(?)従事者ということでは一緒だろう。

気分だけは一流役者のごろーさんはそう思うのである。

でもねぇ、今回はかなりヤバい。

踊れない。歌えない。曲にのって台詞が言えない。

三重苦役者、まんまである。

どうしよう…。

今週末は、ゲネである。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック