名越塾と小夏塾

9日は、文学座名越志保さんの読み聞かせ塾に参加した。

名越さんは、「可児の物語」で舞台共演させていただいた文学座の女優さんだ。

佐野洋子さんの「だってだってのおばあさん」をテキストに、読み聞かせのコツを教えていただいた。

面白かったのは、ボールを使った言葉送りで、なるほど気持ちを乗せて送らないと言葉はきちんと相手に届いていないということだ。

些細な文章でも、ちゃんとイメージして、きちんと相手に送る。

もう一度、原点に返ってここからしっかりやろうと思った次第である。

10日は、多治見の「小夏塾」に参加した。

AAF戯曲賞参加作品で、一番いいと思ったのが小夏さんの戯曲であった。

言葉遣いというか言葉の選択が女性らしい神経の細やかさで作られている。

一度、ワークショップに参加したいと思っていた方だったから「小夏塾」への期待は大きい。

こちらもゲームなどから始まったが、お題が出て、~の器である。~だから。というのは、言葉の想起にも困難が付きまとって、具体的な事象で事柄を表現する難しさを味わった。

今回わがチームの傑作は、「旅」というお題で、「旅」は「透明な器である」、「ただのお漬けものが御馳走に変わるから」。

こう書くと、何がそんなにいいのか分からないとは思うが。

ま、こういうことをやった。

これは、これで深く楽しめた。

やはり、勉強の場にはなるべく参加しないといけないと思った二日間であった。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2015年01月11日 11:53
ウチの子供は大学受験を目前に控え
“河合塾”に一生懸命通ってます


あれ?
2015年01月11日 20:15
私も英会話のクラブに所属していますが、仲間、先生がいると孤独に一人でやっているときと違い、意欲がわいてきます。そこらへんですかね。
2015年01月12日 17:56
うちの娘もかつて、河合塾に通っておりました。
お陰さまで県芸の日本画に行けました。
らん太郎さんのお子さんだもの絶対大丈夫です。
2015年01月12日 18:00
What's up?さんは、勉強の上達、ぼくは遊びの上達?のため…。まぁ、でも、どちらもおっしゃるようにひとりだと寂しいですものね。
炊飯姫
2015年01月25日 20:06
お疲れ様です。
こちらの企画にも参加されていたのですね。
ごろーさん、今年も大活躍ですね。
最後の発表公演は、ぜひ観にいけたらと思っています

この記事へのトラックバック