いちもくさんの住所

ぼくのうえの娘は、4歳と2歳の暴れん坊たちの育児と会社勤めで日々忙殺されている。

その娘が、こんなことを書いていた。

最近おチビに「〜したらダメだよ」と注意すると、細貝さん口調で「そんなこと言わないでさぁ〜、いいじゃないの〜」と言ってくる。

こうなったら「ダメよ〜ダメダメッ」としか返せないよね。うまく叱れずに悩み中…。

子どもは、どんどん知恵がついてくる。

テレビの流行りネタもこうなると親の悩みを増幅させるだけの材料にすぎない。

つい先日も、

チビに「オバケとか怪獣が来たら、いちもくさんに逃げるよねぇ」と言われたので、一目散を覚えたかぁと思いながら「そーだねぇ」と答えたら、「ぼくの町にいちもくさんいる?」と聞かれた。

なるほど!イチモクさんね!

こんなんでジージはニコニコやにさがっている。

いちもくさんの住所、かぁ…!

ジージも知りたいなぁ。















この記事へのコメント

2014年08月29日 22:07
お孫さんの話ですか・・・・今の小さい子は、当然私たちの子育ての時代に比べると、随分おませなんでしょうね。
私らの頃の話は・・・・お父さんがお母さんをいつも「おーい」と呼ぶので、子供たちまで真似をして、お母さんを「おーい」と呼ぶようになった・・・と言う程度のものでした。
今の子供たちの頭脳には、様々な情報がランダムに入っているんでしょうね。
その量たるや、私らの頃の何百倍でしょうね。
2014年08月29日 23:15
>その量たるや、私らの頃の何百倍でしょうね。って、あきさんのおっしゃる通りきっと、そうなんでしょうね。
でも、情報量が何百倍あっても、本質的なところでたいして賢くなっているとも思えません。
どうしたもんでしょうね?
2014年08月30日 09:38
私の孫はもう、中学2年生。我が家に一人で遊びに来るようになりました。ひとり娘で両親といつも話しているので、とても大人びた話をするのはびっくりします。小学生のころ「うちの母が…」といったのはびっくりしました。 私の小学生ころは絶対に「母ちゃんが」だったな!
2014年08月30日 20:06
What's up?さんのお孫さんは大きいんですね。
ぼくの孫たちは、小学生の間「うちの母が…」とは絶対言わない自信があります。
もし親戚に行って、そんなこと言ったら三回まわってワンと言います。
まぁ、田舎もんですから仕方ないんですけどね。
2014年09月02日 16:12
「今日は、イチモクさんを捜しに、探検だあ!」なんて言って、お握り持参で公園に行ったりしたいですね(^O^)
「イチモクさんは恥ずかしがりで、木の蔭とかによく隠れてるらしいよ」なんて教えて、そーーっと木の蔭を見に行ってる孫を観察する、なんてのも楽しそうです(^◇^)
うちも孫ができたら、そんなふうに孫で遊んでみたいです(誤爆)

この記事へのトラックバック