神様の足あと

Footprints Margaret F Powers

One night I dreamed a dream.
I was walking along the beach with my Lord.
Across the dark sky flashed scenes from my life.
For each scene, I noticed two sets of footprints in the sand,
one belonging to me and one to my Lord.
When the last scene of my life shot before me
I looked back at the footprints in the sand.
There was only one set of footprints.
I realized that this was at the lowest and saddest times of my life.
This always bothered me and I questioned the Lord about my dilemma.
"Lord, you told me when I decided to follow You,
You would walk and talk with me all the way.
But I'm aware that during the most troublesome times of my life there
is only one set of footprints.
I just don't understand why, when I needed you most, You leave me."
He whispered, "My precious child, I love you and will never leave you
never, ever, during your trials and testings.
When you saw only one set of footprints
it was then that I carried you."




「足あと」     マーガレット・F・パワーズ

こんな夢を見た。

私は、神様と一緒に砂浜を歩いていた。

漆黒の夜空には、これまでの私の人生が映写されていた。

見れば、どの光景にも、砂の上には二人の足あとが残されている。

一つは私の足あと、そしてもう一つは神様の足あとであった。

これまでの人生の最後の光景が映し出された時、

私は砂の上の足あとを見返した。

そこには一つの足あとしかなかった。

それは、私の人生でいちばん辛く、悲しい時だった。

わだかまりが残っていたので、私は神様にお尋ねした。

「わが神よ。私があなたに従うと決心したとき、あなたは、ともに歩み、ともに語り合いましょうと言ってくださいました。

なのに、私の人生のもっとも辛いとき、一人の足あとしかなかったのです。

一番あなたを必要としたときに、あなたがなぜ私を捨てられたのか、私にはわかりません」。

神様はこうささやかれた。

「私の大切な子よ。私はあなたを愛してます。

あなたを見捨てたりは決してしませんでしたよ。

ましてや、苦しみや試練のときだったら…。

足あとが一つしかなかったのは、私があなたを背負って歩いていたからです」。












ご存じの方も多いと思うが、昨晩、夢のなかでこの詩をフッと思い出した。

これも天啓かなと思い、記しておきます。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック