ごろ-の寝言

アクセスカウンタ

zoom RSS 演じるから駄目という矛盾

<<   作成日時 : 2017/03/13 17:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

これもネットに書いてあった言葉だ。

「演じるから駄目という矛盾。

役者として舞台に立てば、この矛盾にすぐ遭遇する。

決められた台詞を言えと課せられているのに、慣れてくると予定調和だと叱られる。

常に新鮮なことばとして台詞を発しろと。

不自然なことばが自分を規制する。

お前は何百というお客様に、何かを伝えるためにそこに立っているのだ、といわれ、

なのに、覚えた言葉を奪われる。

コミュニケーションするために仕草まで、伝わることばに変えろと強要される。

だが、語ろうとしすぎると、かえって伝わらない。

ことばは重要だが、言葉だけでは伝わらない、という矛盾。

つまり、矛盾の中でいかにいま舞台で起こっている現象に素直に反応するか…。

過剰でなく、過小でなく。

極度の不自然さのなかの自然さ。

自然という感覚さえなくなった言葉としぐさ。

しかし、矛盾だらけの中だからこそそれが生まれる。

これが演技の本質である」


さんさんもこのことを一生懸命伝えようとしていた。

そうは思いませんか?



















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
舞台だと 普段話をするように セリフを言ってはいけないのかな? (当たり前?)
でも あまりにも 「セリフ」で 言うと・・・「不自然すぎる」ような・・・??? 
やっぱり 難しいですよね!
まだこもよ
2017/03/14 07:55
これがね、不思議なんだけど、ふだん話しをするように台詞を言っても、自然さってあまり感じられない。
やっぱり役の人になりきって、そう思いこんでる人の言葉にしないといけない。
演劇で何度も同じセリフを繰り返すのは、その言葉が台詞ではなく、すっかり自分のハートになじんだ言葉にするためでもあります。
言うとそれだけなんですが、いざ実際になると、なかなかね。(笑)
ごろー。→こもちゃん
2017/03/14 09:58
人格、人間性を変える
それがスーッと入って行けるといいんですかね?

他の人間になる
ハマったら面白いんだろうなぁ
らん太郎。
2017/03/15 06:41
大竹しのぶさんなんか、一瞬で役の人間になりきるみたいです。
確かに、あの方の舞台なんか見ると、もう何というかトランス状態に入って、暑くもないはずの冬に汗かいたりしてますものね。
あそこまでなりきると、そりゃぁ、いろんな人間、いろんな人格を経験するのでしょうね。

ぼくはなりきろうとすると、最後の理性が邪魔をします。
そこまでやらなくても、って。
ごろー。→らん太郎。さん
2017/03/15 15:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
演じるから駄目という矛盾 ごろ-の寝言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる