ごろ-の寝言

アクセスカウンタ

zoom RSS 3.11と「わが町」

<<   作成日時 : 2017/03/11 23:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011年3月11日。

6年前の今日、ぼくらは「わが町」のゲネの日で、翌日が本番であった。

自主稽古に行っていた仲間たちは、大きな揺れとともに舞台の照明が落ちてくるんじゃないかという恐怖を感じたそうだ。

ぼくは幸いまだその時には自宅にいた。

翌日、本番の舞台にどれくらいのお客様が見に来られるかすごく心配だった。

で、楽屋のテレビは、ホワイエに並ぶお客さんと、その隣の画面で、津波の映像を映し出していた。

映像がいかに現実感を伴わないものか、どちらの画面も真実を映し出しているはずなのに、ぼくは凄まじい津波の映像を見ながら「嘘っぽく」さえ感じていた。

ホワイエのお客さんも噓っぽく見えた。

いずれにしても、「わが町」出演者は、その舞台に立ったことでむしろ忘れられない記憶になった。

これから先も3年ごとに「わが町」は演出家を変えて、継承されていくのだろう。

そして、30年後、節目の10回目を迎えた時、これが可児市の記念事業として賞賛されるのだろう。

ぼくは100歳だから多分生きていない。

だから、その時、後世の人々がどう賞賛しようと関係ないが、衛館長が「わが町」を記憶のランドマークにしようとしたのは、震災後の後付けの話である。

そのことだけは書き記しておかないとと思う。

3回、同じ舞台をやってみて、ぼくは僕なりに思うことがある。

市民劇がそういう取り扱いを受けるのはどうなんだろうと。



















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3.11と「わが町」 ごろ-の寝言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる